球団別新人王獲得人数は?読売以外は満遍なく輩出されている!

2013年に初めて開催されたセントラルリーグのファンミーティング。

開幕前に監督、ドラフト1位ルーキー、そして球団OBが登場して、シーズンの意気込みを語り盛り上げるイベント。

ドラフト1位ルーキーが登場するので、監督から新人王獲得を言明させられることも多い。

1950年から制定された新人王、どの球団が一番多く獲得しているのだろか?

カープからの新人王は過去9人!

早速、球団別歴代新人王の人数を調べてみた。

セントラルリーグ パシフィックリーグ
球団名 新人王獲得者数 球団名 新人王獲得者数
読売ジャイアンツ 19 埼玉西武ライオンズ 13
東京ヤクルトスワローズ 10 北海道日本ハムファイターズ 12
広島東洋カープ 9 福岡ソフトバンクホークス 11
阪神タイガース 9 オリックスバファローズ 9
横浜DeNAベイスターズ 8 千葉ロッテマリーンズ 8
中日ドラゴンズ 7 東北楽天ゴールデンイーグルス 2
大阪近鉄バファローズ 5

*全身球団も含む
*該当者なしシーズンあり

読売は突出した人数になっているが、その他の球団からは満遍なく排出されているようだ。

ファンミーティングが始まって以降では、2013年はスワローズの小川泰弘、2014年は広島の大瀬良大地、2015年はベイスターズの山崎康晃。

2014年、2015年とファンミーティングに参加したドラフト1位ルーキーが新人王を獲得している。

 

カープの新人王獲得人数はこれまで9人。

1982年に津田恒美が球団として初めての新人王を獲得。

1980年代はカープの黄金時代であったが、チームの強さに合わせるように、1984年~1986年は、小早川毅彦、川端準、長冨浩志と3年連続で新人王を獲得している。

その後10年近く新人王が出なかったが、1995年、1997年と投手の山内泰幸、澤崎俊和が獲得。

そしてまた10年近く新人王が出なかったが、2006年に社会人出身の内野手梵英心が獲得。

近年では2012年野村佑輔、2014年大瀬良大地と大学出身のドラフト1位ルーキーが新人王を獲得している。

2年おきに大学卒のドラフト1位ルーキーが新人王を獲得する流れを岡田明丈に作ってもらいたい!

 

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です