栗原健太、木村昇吾は背番号0!カープの歴代背番号0は?

カープを自由契約になった栗原健太は東北楽天ゴールデンイーグルスへ、FA宣言した木村昇吾は埼玉西武ライオンズと契約することになった。

共に新天地での背番号は「0」。

背番号「0」と言えば、長嶋清幸!

栗原健太は、生まれ育った山形県天童市から自動車で1時間ほどの距離にある楽天Koboスタジアム宮城を本拠地にする東北楽天ゴールデンイーグルスに入団した。

新天地での背番号は「0」。

カープ入団時の背番号は「50」で、1軍に定着するようになってから活躍を期待され背番号「5」に変更となり、カープの中心打者となっていった。

「50」から「5」、そして「0」。

生まれ育った東北地方の球団への入団も踏まえて、「0」からの再出発となるが、チャンスに強い栗原健太のバッティングを取り戻してもらいたい。

 

木村昇吾は横浜ベイスターズ入団時に付けていた背番号「66」を、カープへ移籍後もわらずに付けていた。

そして、埼玉西武ライオンズでは背番号「0」を付ける事になった。

背番号「66」から背番号「0」と言えば、日本プロ野球初代背番号「0」を付けた長嶋清幸と同じ流れだ。

意外性あるバッティングで80年代のカープを支えた長嶋清幸。

背番号「0」を付けた年に初めて規定打席に達するなど、センターのレギュラーを獲得した。

木村昇吾はカープではスーパーサブ的な存在だったが、背番号「0」を付けて埼玉西武ライオンズのショートのポジションを取ってもらいたい!

 

選手 ポジション
1983-1990 長嶋清幸 外野手
1991-1998 高信二 内野手
1990-2006 木村拓也 外野手
2007-2012 井生崇光 外野手
2013- 上本崇司 内野手

 

カープの背番号0の選手を見ると、複数ポジションを守れたり、スイッチヒッターの選手が多い。

上本崇司は内野は各ポジションを守れ、昨年からスイッチヒッターに挑戦している。

早く自分の持ち味を発揮し、自分の役回りを獲得しなければならない。

 

 

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください