40-40日米の選手を比較すると秋山幸二が一番スゴイ?

2015年にトリプルスリーを達成した柳田悠岐、2016年は40本塁打、40盗塁の40-40に挑戦する。

日本では未だ達成者がいない40‐40、メジャーでの達成者の数字を見ても、とても驚異的な数字だということがわかる。

試合数換算すると秋山幸二が一番優れている?

日本では未達の記録である40-40。

ホームランを打てるパワーと、盗塁ができる走力が求められるが、このようなスーパーマンは数少ない。

メジャーでも4人しか達成したことがない記録である。

メジャーでの40-40達成者と、2015年にトリプルスリーを達成した山田哲人と柳田悠岐、そして日本で一番40-40に近かった秋山幸二の記録を比較してみたい。

日米 球団 名前 試合数 打率 本塁打 打点 盗塁
MLB 1988 オークランド
アスレチックス
ホセ・
カンセコ
158 .307 42 124 40
1996 サンフランシスコ
ジャイアンツ
バリー・
ボンズ
158 .308 42 129 40
1998 シアトル
マリナーズ
アレックス・
ロドリゲス
161 .310 42 124 46
2006 ワシントン
ナショナルズ
アルフォンソ
・ソリアーノ
159 .277 46 95 41
NPB 2015 東京ヤクルト
スワローズ
山田哲人 143 .329 38 100 34
2015 福岡ソフトバンク
ホークス
柳田悠岐 138 .363 34 99 32
1987 西武
ライオンズ
秋山幸二 130 .262 43 94 38

メジャーで40-40を達成した選手は日本でもお馴染みの名前ばかり。

カープが育てた(⁉)ソリアーノも名を連ねている。

しかし、メジャーは162試合制。

日本の試合数143試合に換算すると、誰も40-40を達成できていない。

昨年トリプルスリーを達成した山田哲人と柳田悠岐も、メジャーの試合数に換算したところで2人とも40-40には届かない。

しかし、1987年の秋山幸二の記録を143試合制に換算すると、47本塁打、42盗塁で40-40を達成していたことになる。

また、メジャーでの試合数162試合に換算すると、54本塁打、47盗塁と50-50が見えてくる驚異的な数字となる。

 

メジャーに一番近い男と言われた秋山幸二、40-40が一番近づいた男秋山幸二、その身体能力の高さは半端ない。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください