シーズンでのコンビ(アベック)本塁打数ランキング!1位は2人で100本以上!

福岡ソフトバンクホークスに残留が決定した松田宣浩が、40本塁打を目標に自主トレを行っている。

同僚の柳田悠岐も40盗塁と共に40本塁打を目標にしており、2人揃って40本塁打を達成できるか注目だ。

2001年いてまえ打線の中心ローズ&中村紀洋は2人で101本塁打

プロ野球にはチームで強打者が揃い、コンビでチームを引っ張ることもある。

松田宣浩と柳田悠岐もそんなコンビだ。

松田宣浩も柳田悠岐も昨年の本塁打数がシーズンベストでそれぞれ35本と34本。

共に40本打つことが出来るだろうか?

そして、コンビ(アベック)でのシーズン本塁打数ランキングに割って入ることができるだろうか?

順位 球団 名前①
(本塁打数)
名前②
(本塁打数)
合計
1位 2001 大阪近鉄
バファローズ
タフィー・ローズ
55
中村紀洋
46
101
2位 1985 阪神
タイガーズ
ランディ・バース
54
掛布雅之
40
94
3位 2010 読売
ジャイアンツ
アレックス・ラミレス
49
阿部慎之助
44
93
4位 2002 西武
ライオンズ
アレックス・カブレラ
55
松井稼頭央
36
91
5位 1950 松竹
ロビンス
小鶴誠
51
岩本義行
34
90
6位 2005 福岡ソフトバンク
ホークス
松中信彦
46
フリオ・ズレータ
43
89
7位 1968 読売
ジャイアンツ
王貞治
49
長嶋茂雄
39
88
2002 大阪近鉄
バファローズ
タフィー・ローズ
46
中村紀洋
42
88
9位 2004 読売
ジャイアンツ
タフィー・ローズ
46
小久保裕紀
41
87
10位 2004 横浜
ベイスターズ
タイロン・ウッズ
45
多村仁
40
85

1位の大阪近鉄バファローズ、2位の阪神タイガースは打線が牽引してチーム優勝を果たしているが、その中心に大砲がいたことがわかる。

タフィー・ローズは3度も名前が出てくるが、打撃が売りのチームに在籍することが多かったのだろう。

 

カープのペアシーズン本塁打最多は山本浩二とギャレット

カープでは、1978年の山本浩二とエイドレアン・ギャレットの84本がチーム最多。

日本野球界で11位に入る記録となる。

衣笠祥雄とのコンビが球団最多だろうと思っていたので意外だ。

カープでのコンビ本塁打数で気になるところをピックアップしてみた。

名前①
(本塁打数)
名前②
(本塁打数)
合計 備考
1978 山本浩二
44
エイドリアン・ギャレット
40
84 球団コンビ
本塁打記録
1980 山本浩二
44
衣笠祥雄
31
75 カープのレジェンド
2人での最多記録
1987 リック・ランセロッティ
39
小早川毅彦
24
63 リック・ランセロッティとは
あの「ランス」。
1993 江藤智
39
前田智徳
27
66 若かりし頃の江藤・前田の
コンビは凄かった
1999 緒方孝市
36
金本知憲
34
70 今や監督になった2人
2005 新井貴浩
43
前田智徳
32
75 21世紀では
このコンビが最多

チームの顔が並び立つスラッガーのコンビ。

今のカープでは2人のスラッガーが打線に並ぶことが想像できないのが寂しい話だ。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

「シーズンでのコンビ(アベック)本塁打数ランキング!1位は2人で100本以上!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください