前田健太の背番号18は空き番にしない方針。CARP歴代背番号18は?

前田健太がロサンゼルスドジャースに移籍するが、オーナーである松田元は、背番号18を空き番にはせずに継承していく考えを明かした。

カープの過去の背番号18は?

前田健太は黒田博樹と同じようにロサンゼルスドジャースへの移籍となる。

しかし、黒田博樹の時は背番号15を欠番としていたが、前田健太の背番号18はエースにふさわしい人物が現れたら継承していく方針のようだ。

これは、前田健太が今は日本球界への復帰を考えていないことを踏まえてのことだろう。

8年以上は戻ってこない訳で、それだけの期間を空き番号にするのは長すぎる。

直ぐにでも背番号18にふわさしい投手が現れてほしいが、過去のカープの背番号18にはどのような投手がいただろうか?

 

選手 ポジション 通算勝利数
1950 竹村元雄 投手 0
小前博文 外野手
1951-1963 長谷川良平 投手 197
1964-1972 西川克弘 投手 5*
1973-1975 長島吉邦 投手 0
1977-1982 松原明夫
福士明夫(改名)
福士敬章(改名)
投手 58*
1983-1989 白武佳久 投手 21* (2セーブ)
1990-2007 佐々岡真司 投手 138 (106セーブ)
2008-2015 前田健太 投手 97

*カープ在籍時の通算勝利数

黎明期を支えた小さな大エース長谷川良平や、100勝100セーブを達成した佐々岡真司など、球界を代表する投手が付けてきた背番号。

前田健太もしっかりと引き継いだ。

ただし、カープ創設から途切れる事無く誰かが付けていた背番号18は、2016年には一旦途切れる事になりそうだ。

 

球界全体を見渡しても、西武ライオンズは松坂大輔の後継として涌井秀章を、北海道日本ハムファイターズはダルビッシュ有の後継として大谷翔平に背番号18、11をそれぞれ継承している。

空いているのは東北楽天ゴールデンイーグルスで田中将大が付けていた背番号18。

楽天の18は半永久欠番となっており、田中将大に匹敵する投手が出てくるまで付けさせない方針だが、そのような投手はいつ現れるだろうか?

カープの背番号18も、前田健太のようなエースと呼ばれる投手が現れた時に付けさせると思うが、いつ現れるのだろうか?

 

 

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください