堂林翔太の目標打率.333本塁打20打点80の過去10年の達成者は?

堂林翔太が、打率.333、本塁打20、打点80を2016年の目標に掲げた。

サードには元中日ドラゴンズの安打製造機エクトル・ルナが加入し、ポジション争いが激化するが、目標を高く掲げてレギュラー獲りを狙っているのだろう。

打率.333本塁打20打点80の過去10年の達成した選手は過去何人?

打率.333、本塁打20、打点80を過去10年で達成したカープの選手はいない。

2008年に栗原健太が打率.332、本塁打23、打点103を記録したのが最も近く、2004年に嶋重宣が.337、本塁打32、打点84を記録して以降誰も記録していないハードルの高い数字だ。

目標は高く掲げていることから、今年に懸ける意気込みが伝わってくる。

過去10年で打率.333、本塁打20、打点80を達成した選手は何人いるのだろうか?

選手名 球団 打率 本塁打 打点
2005 福留孝介 中日ドラゴンズ .365 31 104
2007 ラミレス 東京ヤクルトスワローズ .343 29 122
2010 和田一浩 中日ドラゴンズ .339 37 93
2012 阿部慎之助 読売ジャンアンツ .340 27 104
2013 ブランコ 横浜DeNAベイスターズ .333 41 136
2015 柳田悠岐 福岡ソフトバンクホークス .363 34 99

過去10年で6人しか達成しておらず、平均すれば1年に1人も達成しない数字である。

この数字を堂林翔太が記録したら、チーム力が上がることは間違いないだろう。

 

堂林翔太は昨秋のキャンプから神主打法の習得に取り組み始めた。

神主打法の元祖落合博満の動画を見て参考にしているようだが、その落合博満は打率.333、本塁打20、打点80を2年連続三冠王を達成した1985、1986年、そして中日ドラゴンズに移籍後の1991年と計3回達成している。

(落合博満でも3回だけ・・・)

堂林翔太は落合博満に近づくことが出来るだろうか?

 

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください