2016年オーナー&監督からキーマンに指名されている野村祐輔!

2016年、前田健太が抜けるが、その穴を埋めるべくオーナーの松田元や監督の緒方孝市からキーマンに指名されているのが野村祐輔だ。

確かに、野村祐輔がローテーションをしっかりと守り、規定投球回を投げ、二けた勝利を上げればチームは上位に進出すると思う。

ルーキー時代の輝きを取り戻せ、野村祐輔!

毎年、開幕時はローテーションに入っている野村祐輔。

しかし、ここ2年はシーズン途中でローテーションを外れて2軍降格の屈辱を味わっている。

2015年までの成績は以下の通り。

登板 先発 勝利 敗北 防御率 投球回
2012 27 27 9 11 1.98 172.2/3
2013 23 23 12 6 3.74 149.1/3
2014 19 19 7 8 4.39 104.2/3
2015 15 15 5 8 4.64 87.1/3
84 84 33 33 3.43 514.0/3

ここまで通算で33勝33敗。

2016年の勝敗により、通算で貯金できるか借金となるかの分岐点となりそうだ。

ただ、勝敗は打線との兼ね合いがある。

勝敗以上に気になるのは、防御率や投球回が年々減少している点。

ルーキー時代の2012年は飛ばない公式球が採用されていたので、防御率は球界全体で良かったが、それを踏まえても年々防御率が下がっている。

また、投球回もルーキー時代が一番良いが、これこそが野村祐輔への信頼を表している数字だと思う。

野村祐輔はルーキー時代の初登板から全て先発として登板。

その登板数も年々減少しているが、しっかりとローテーションを守れば、全ての数字が結果として付いてくることだろう。

前田健太が抜ける事による15勝、そして206.1/3の投球回を野村祐輔が半分以上埋めてもらいたい。

2015年の5勝に前田健太の15勝の半分を加えて13勝、87.1/3の投球回に103イニングを加えて190投球回が野村祐輔のノルマだ!

 

オーナーや監督がキーマンに指名した野村祐輔。

その右腕にカープの2016年は掛かっていると言ってもいいだろう。

ちなみに、私がキーマンだと思うのは、チームを指揮する緒方孝市だと思う。

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください