2016年シーズン40代の選手は何人?カープは黒田・倉の2人!

黒田博樹が2016年もプレーすることとなった。

2015年のシーズンオフにはこぞって球界を支えてきた大物選手が引退して40代のプレーヤーも少なくなった。

2015年出場1試合で契約できた倉義和の立場は?

各球団の40代の選手は以下の通り。

球団 選手名 生年月日 ポジション
読売 相川亮二 1976.7.11 捕手
阪神 福原忍 1976.12.28 投手
広島 黒田博樹 1975.2.10 投手
倉義和 1975.7.27 捕手*
新井貴浩 1977.1.30 内野手
中日 岩瀬仁紀 1974.11.10 投手
横浜DeNA 三浦大輔 1973.12.25 投手*
千葉ロッテ 井口資仁 1974.12.4 内野手
福浦和也 1975.12.14 内野手
サブロー 1976.6.1 外野手
東北楽天 ケニー・レイ 1974.11.17 投手
松井稼頭央 1975.10.23 外野手
川井貴志投手 1976.9.16 投手

学年で40歳になる選手としたので、1977年4月1日以前の生まれの選手を列挙してみた。

*が付いているのはコーチ兼任である。

 

2015年はスタメンがしっかりと組めるほどの人数(22人)がいたが、来年は13人へと減少。

球界全体で世代交代が進んでいるが、実はセ・パを制した東京ヤクルトスワローズと福岡ソフトバンクホークスには40代の選手がいない。

東京ヤクルトスワローズの最年長選手は1980年1月22日生まれの石川雅規。

福岡ソフトバンクホークスの最年長選手は1979年5月28日の五十嵐亮太。

優勝するにはベテランの力が必要と言うが、実はこの両チームは若いチームと言える。

それでも優勝したことで各選手のけ経験値が上がっている。

 

優勝するためにベテランは必要なんだろうか?

勢いに乗っていけば良い、と考えれば若い力の方がよい。

ベテランだろうが、しっかりとチームの勝利に貢献できなければ意味がない。

2016年に40歳以上の選手を眺めていて、今シーズン一番出場機会がなかったのは倉義和。

2016年からは二軍バッテリーコーチも兼任するようだが、どのような契約意図があるのだろうか?

 

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.