2015三井ゴールデングラブ賞受賞メンバーで打線を組んでみた!

守備のベストナインであるゴールデングラブ賞が発表になった。

カープからは投手:前田健太、二塁手:菊池涼介、外野手:丸佳浩とセンターラインの3人の選手が受賞した。

3名の選出は、両リーグを制した福岡ソフトバンクホークスと東京ヤクルトスワローズと並びトップの数字である。

守備のチームでもパシフィックリーグのが強そうに感じる

ゴールデングラブ賞は新聞・通信・テレビ・ラジオ各媒体で現場取材歴5年以上の記者による投票システム。

現場を見ている記者投票なので投票に信頼があるかといえば一概にそうも言えないと思う。

番記者になると他球団のことはよくわからない記者もいるだろうし、首都圏の記者は地方球団のことがわからないなど、完全に信頼性があるとは言い難い部分もある。

(首都圏のが記者人数が多いので、首都圏のチームのが選出されやすいと言われたりもするが、今年は読売ジャイアンツからの選手がなかった。)

例えば、個人的感想としては今年の遊撃手部門は坂本勇人の方が印象が良い。

ファンそれぞれに思うことがあるだろうが、それはそれとして、2015年にゴールデングラブ賞に輝いた選手でスタメンを組んでみた。

セントラルリーグ パシフィックリーグ
ポジション 名前 球団 打順 ポジション 名前 球団
ショート 鳥谷敬 阪神 1 センター 秋山翔吾 埼玉西武
セカンド 菊池涼介 広島東洋 2 ショート 今宮健太 福岡ソフトバンク
サード 川端慎吾 東京ヤクルト 3 ライト 柳田悠岐 福岡ソフトバンク
ファースト 畠山和洋 東京ヤクルト 4 ファースト 中田翔 北海道日本ハム
ライト 福留孝介 阪神 5 サード 松田宣浩 福岡ソフトバンク
レフト 丸佳浩 広島東洋 6 レフト 清田育宏 千葉ロッテ
センター 大島洋平 中日 7 セカンド クルーズ 千葉ロッテ
キャッチャー 中村悠平 東京ヤクルト 8 キャッチャー 炭谷銀仁朗 埼玉西武
ピッチャー 前田健太 広島東洋 9 ピッチャー 涌井秀章 千葉ロッテ

守備メインのチームになるので、打力は落ちるかなと思ったが、パ・リーグはそうでもない。

やはりパ・リーグのが強く感じてしまう。

パ・リーグは、守れて打てる身体能力の高い選手が多いということだろうか?

ここ数年パ・リーグに押されているセ・リーグ、守備も打撃もレベルアップしなければならない。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です