ユーティリティプレーヤー木村昇吾の獲得球団は?後釜は?

カープのスーパーサブであり、ユーティリティプレーヤーである木村昇吾がFA権を行使して移籍するようだ。

過去にカープからFA宣言した場合には、ムカムカした感じが多かったが、何故か今回はそのような気持ちにならない。

もちろん木村昇吾が嫌いなプレーヤーという訳ではない。

カープらしい選手だなと思うが、どこの球団が獲得するのだろうという興味の方が大きい。

木村昇吾を獲得する球団はどこだ?

木村昇吾と言えばユーティリティプレーヤー。

内野はどこでも守れる、と報道されているが、実は外野も守れる。

左打ちの選手と書かれているが、実は一時スイッチヒッターにも挑戦していた。

それだけ器用な選手。

しかし、特に打撃面がレギュラーを獲得するほどの実力に達していなかった。

だが、こうした選手は必ずベンチに必要だ。

代打、バント、守備、全てに対応ができる。

(バントや守備はポカも多かったが・・・)

では実際にどの球団が獲得に走るのだろうか?

先ず、年俸Cランクの選手なので、人的・金銭の補償は必要ない。

これは獲得サイドからすればリスクがなく動きやすい。

そして、こうしたユーティリティプレーヤーを必要としている球団が条件となってくるが、35歳という年齢を考えると若手にシフトしている球団は獲得を見合わせるだろう。

さて、どこか?

【パシフィックリーグ】

ソフトバンク 人材豊富で獲得しないと思われる
北海道日本ハム 飯山裕志と年齢、起用法が被る。若手の杉谷拳士も内外野守れるプレーヤー
千葉ロッテ 内野も外野も小柄で器用な選手が多い
埼玉西武 脇谷亮太のFA移籍で、その後釜で獲得は有り得るか⁉
オリックス 平野恵一の後釜が必要か?縞田拓弥がその筆頭
楽天 後藤光尊と年齢もポジションも被る

【セントラルリーグ】

東京ヤクルト 野手人材難。レギュラーと控えの差が激しい
読売 亀井善行、立岡宗一郎など内外野守れる選手が多い
阪神 ユーティリティプレーヤーとして若い大和がいる
中日 急速な若返り進行中
横浜DeNA 柳田殖生、内村賢介、宮﨑 敏郎といった若い選手が多い

 

 

こうしてみると、獲得するならば埼玉西武ライオンズか東京ヤクルトスワローズかなと思う。

もちろん各チーム来年への編成の真っただ中なので、どこか獲得するかは全く分からないので、とても興味深い。

 

木村省吾の後釜は?

カープとしても木村昇吾の後釜を探さないといけないが、筆頭は安部友裕だろう。

俊足好打の左打ちは木村省吾と被る。

守備も二三遊が基本だが、実は外野も守れる。

守備力は木村昇吾よりもかなり劣るが、これからの努力で後釜になれるはずだ。

とはいえ、安部友裕は先ずはレギュラーポジション確保へ汗水流してもらいたい。

 

関連記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください