エルドレッド退団へ…カープ外国人助っ人契約年数ランキング

打率は低いがここぞの場面でホームランを打ってくれるブラッドリー・ロス・エルドレッドだが、2018年シーズンをもってカープを退団する事になった。

エルドレッドは、7年間カープに在籍した助っ人史上最長契約選手である。

カープ外国人助っ人在籍年数ランキング

カープが優勝するためには助っ人外国人の活躍は欠かせない。

そのためには、長くチームに貢献してくれる優良助っ人外国人選手がいてほしいと思う。

カープ外国人助っ人の在籍年数ランキングを調べてみた。

在籍年数 在籍年 名前 ポジション
7年 2012~2018 エルドレッド 1塁手・外野手
6年 1977~1982 ライトル 外野手
2017~(2022) バティスタ 内野手
2017~(2022) メヒア 内野手
2018~(2023) フランスア 投手
5年 1996、1997、2000~2002 ロペス 外野手
2015~(2019) ジョンソン 投手
4年 1996~1999 ペルドモ 投手・内野手
1996~1999 ペレス 外野手
1999~2002 ディアス 内野手
2008~2011 シュルツ 投手
2011~2014 バリントン 投手

*2018年シーズンオフに更新

4年以上カープに在籍した助っ人外国人を見てみると、ライトルを除いては1990年代後半以降の選手ばかり。

クリス・ジョンソンも2016年シーズン中に2019年までの3年契約を結んでおり、カープ投手史上最長となる5年契約となった。

近年、球団と選手の関係性が良好化しているのだろう。

また、2017年シーズン中に育成契約から支配下登録されたバティスタとメヒアとは、6年間の長期契約を結んでいる。

そして、2018年には同じようにフランスアも6年契約を勝ち取った。

今後、ドミニカカープアカデミー出身の選手が育成枠からの長期契約でカープに貢献するという流れが進んでいくかもしれない。

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください