トリプルスリー達成者で同時にそのタイトルを獲得した選手は?

2015年プロ野球、セントラルリーグで山田哲人、パシフィックリーグで柳田悠岐がトリプルスリーを達成した。

セ・パ当時にトリプルスリー達成者が出るのは、2リーグ制が始まった1950年以来65年ぶり。

トリプリスリー達成者は計10人だが、同時に首位打者・本塁打・盗塁のタイトルを獲得したのは4人だけ

トリプルスリー達成者は2015年の山田哲人、柳田悠岐で計10人目だが、これまでのトリプルスリー達成者は以下の通り。

 

名前 球団 打率 本塁打 盗塁
岩本義行 1950 松竹ロビンス .319 39 34
別当薫 1950 毎日オリオンズ .335 43 34
中西太 1953 西鉄ライオンズ .314 36 36
蓑田浩二 1983 阪急ブレーブス .312 32 35
秋山幸二 1989 西武ライオンズ .301 31 31
野村謙二郎 1995 広島東洋カープ .315 32 30
金本知憲 2000 広島東洋カープ .315 30 30
松井稼頭央 2002 西武ライオンズ .332 36 33
山田哲人 2015 東京ヤクルトスワローズ .329 38 34
柳田悠岐 2015 福岡ソフトバンクホークス .363 34 32

 

赤字はタイトル獲得者。

これまでに、トリプルスリーを達成して、同時に首位打者・本塁打・盗塁のタイトルを獲得したのは、1950年の別当薫と1953年の中西太だけであった。

意外と少なく、2人とも本塁打王。

山田哲人は本塁打と盗塁王、柳田悠岐は首位打者を獲得しているが、盗塁王、そして首位打者をトリプルスリーと同時に獲得したのは初である。

3部門優れた成績を残した選手であるトリプルスリー、どれかの記録でトップになるのはとても難しいことなのだろう。

また、山田哲人は本塁打と盗塁王を同時に獲得した初の選手となる。

パワーとスピード、両方を兼ね備えた選手であることがいえる。

 

山田哲人23歳、柳田悠岐27歳のシーズン、今後まだまだ飛躍が期待できる。

狙うは三冠王+盗塁、2人なら可能な世界である。

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください