シーズン200安打選手を130試合制だったイチローと比較すると…

2015年のプロ野球、埼玉西武ライオンズの秋山翔吾が216安打を放ち、シーズン最多安打の記録を更新した。

200安打以上を放った延べ7人目の選手となったが、過去の選手と安打数を比較してみたい。

1994年のイチローの安打数は驚異的

200安打を初めて超えたのは、1994年にオリックスブルーウェーブに在籍していたイチロー。

この年から仰木彬監督の下、登録名を鈴木一朗からイチローへ変更し、大ブレークした。

そして、2010年には阪神タイガースのマット・マートンが214年の安打を放ったのがこれまでのシーズン記録であった。

順位 安打数 試合数 達成年 130試合換算 名前 所属
1位 216 143 2015年 196 秋山翔吾 埼玉西武ライオンズ
2位 214 144 2010年 193 マートン 阪神タイガース
3位 210 130 1994年 210 イチロー オリックスバファローズ
4位 209 144 2010年 189 青木宣親 東京ヤクルトスワローズ
5位 206 144 2010年 186 西岡剛 千葉ロッテマリーンズ
6位 204 144 2007年 184 ラミレス 東京ヤクルトスワローズ
7位 202 146 2005年 180 青木宣親 ヤクルトスワローズ

イチローが210安打を放った1994年は、シーズン130試合制であった。

今では、シーズン140試合を超えており、10%ほど試合数が多い。

イチローと同じ130試合での安打数を算出すると、200安打に達する選手は誰もいない。

1994年のイチローがどれだけ驚異的な数字だったかがわかる。

 

130試合制であった1994年の試合数を基にするのであれば、220安打を放って、当時の200安打と数字が並ぶ。

1994年のイチローは210安打を放っているので、231安打を放たなければ、イチローの数字を真に抜いたことにはならない。

今後、簡単には破られることのない数字の一つだと思う。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です