勝負の12連戦、新井貴浩をスタメンから外している場合か?

シーズン終盤の勝負の12連戦、黒田博樹、前田健太、福井優也で勝利を収めることができずに、3連敗のスタート。

4戦目にして先発クリス・ジョンソンの粘りの投球で勝利した。

新井貴浩のスタメン落ちは休養?相性?

この試合、新井貴浩がスタメンから外れた。

相手投手は山口俊、剛腕の右投げ投手。

得意の左右病が発症して先発を外れたのだろうか?

この日のスタメンを見ると、松山竜平、野間峻祥、安部友裕といった左打者が名を連ねている。

この期に及んで左右病?

このようなことを書くのは今月2回目

前回は、阪神先発の藤浪晋太郎に対してエルドレッド、新井貴浩の2枚をスタメンから外した。

今回はエルドレッドを残しただけ、考えが変わった部分があるのだろうか?

 

もしくは12連戦の途中ということで、ベテランのスタミナを考慮して休養を挟んだのかもしれない。

前日ナイターからのデーゲーム、そして翌日は神宮球場に移動しての試合。

ベテランには厳しい戦いとみて、1試合スタメンを外したのかもしれない。

 

 

おそらく、両方の条件が揃ったことでスタメンを外したのだと思う。

しかし、この大事な12連戦、休養が必要だろうか?

ここで休養してどうする?

休養している場合か?

戦いは残り10試合強で終了するのである。

新井貴浩自身はそのような発言をする選手ではない。

おそらく監督自身の判断だろう。

それとも疲れている新井貴浩よりも、ベンチにいる左打者のが戦えると思ったのだろうか?

確かに新井貴浩の打率は下がり気味ではあるが、打席に入った時の威圧感やチームを鼓舞する姿、若手の左打者とは比較にならない。

 

勝負の12連戦、監督も選手もムチを入れて戦い抜いてもらいたい。

結果は後から付いてくるが、選手もファンも納得する采配をしてほしいと思う。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください