混戦のセ、独走のパ、クライマックスシリーズの必要性は?

プロ野球は実りの秋を迎えようとしている。

セントラルリーグは、首位東京ヤクルトスワローズと4位広島東洋カープまでが大混戦の3ゲーム差。

一方のパシフィックリーグは首位福岡ソフトバンクホークスと2位北海道日本ハムファイタースが14ゲーム差、更に3位埼玉西武ライオンズとは9.5ゲーム差が開いている。

クライマックスシリーズの原点は消化試合をなくすこと?

143試合のシーズン終了後、クライマックスシリーズへと突入する。

クライマックスシリーズは、パシフィックリーグが2004年に導入したもので、シーズン終盤の消化試合をなくすことを目的に始まった。

セントラルリーグも2007年からパシフィックリーグを追随する形でクライマックスシリーズを導入した。

そもそもの目的である、「消化試合をなくす」ことの意味は今でもあるのだろうか?

 

パシフィックリーグは、福岡ソフトバンクホークスが独走しており、確かにクライマックスシリーズがなければ、各球団消化試合になっていたと思う。

特に埼玉西武ライオンズと千葉ロッテマリーンズの3位争いは、2ゲーム差で熾烈な戦いをしている。

消化試合は無くなっているかもしれないが、勝率5割くらいのチームが、勝率が7割近く貯金が40もある福岡ソフトバンクホークスと戦い、日本シリーズに進出できる権利があるのは問題だ。

 

一方のセントラルリーグ。

上位4チームが混戦模様。

下位2チームは消化試合に入っているかもしれないが、上位4チームは最後の最後までもつれるだろう。

消化試合などない。

クライマックスシリーズが出来た時の目的に沿って考えれば、2015年のセントラルリーグにはクライマックスシリーズは不要である。

逆に、混戦の場合にはクライマックスシリーズがあっても良いと考える人もいると思うが、143試合もの長丁場を戦ってきた結果を重視すべきだと思う。

 

特に今年のパシフィックリーグ、独走している福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズに出られなかったら考えものだ。

クライマックスシリーズのファイナルステージ、優勝チームには1勝のアドバンテージが与えられるが、せめてゲーム差によってアドバンテージを増やすべきだと思う。

今年であれば、アドバンテージが3勝あってもいいはずだ(ファイナルステージに勝ち上がってきたチームは4連勝しなければ日本シリーズには出られない)。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.