新井貴浩通算1500三振は偉大な記録!通算三振数ランキングは?

新井貴浩が通算1500三振を喫した。

プロ17年目で1500三振、偉大な記録である。

試合に出なければ達成できない偉大な記録!

プロ17年目のシーズンで1500三振。

平均すると毎年約90個の三振を喫してきたことになる。

三振と聞くとマイナスなイメージが強いが、スラッガーであれば三振は付きもの、中途半端な結果よりもスッキリすることもある。

(もちろん見逃し三振で、ため息を付くこともあるが・・・)

実際に通算三振数ランキングを見ると、名立たるプレーヤー・スラッガーが名を連ねている。

順位 三振数 名前 試合数
1位 清原和博 1955 2338
2位 谷繁元信 1838 3021
3位 山崎武司 1715 2249
4位 秋山幸二 1712 2189
5位 金本知憲 1703 2578
6位 新井貴浩 1693 2383
7位 中村紀洋 1691 2267
8位 ローズ 1655 1674
9位 中村剛也 1602 1529
10位 衣笠祥雄 1587 2677

(2018年シーズン終了後にデータ改定!)

新井貴浩が、来シーズンも今シーズンと同じように試合に出れば、カープのレジェンド衣笠祥雄の記録も抜くことだろう。

(抜いた!)

通算三振数のランキングに入るには、先ずは打席に立たなければならない、その為には試合に出なければならない。

長期間に亘ってレギュラー選手として出場した証なのである。

新井貴浩も2069試合目の出場で1500三振、これだけ試合に出場できる選手の方が少ない。

2000試合出場を達成している選手は、過去48人しかいないのだ。

 

新井貴浩は2383試合、通算8799打席1693三振で現役引退。

衣笠祥雄は2677試合、通算10634打席1587三振。

豪快な空振りのイメージもある衣笠祥雄だが、新井貴浩よりも三振率が低いのは驚きだ。

連続試合出場の日本記録を持つ衣笠祥雄、毎年試合に出続けていたのに、シーズン100三振に達したことがない。

当時は130試合制で今は143試合、試合数も少ないが、90三振に達したシーズンもなく、現行の試合数に補正したとしても、100三振にはいかないのだ。

新井貴浩の通算三振数により、衣笠祥雄のことを知ることができる、これも記録が繋ぐ野球のストーリーだと思う。

(新井貴浩はシーズン100三振を8回記録して現役引退。)

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください