丸佳浩、球団記録更新の44試合連続試合出塁達成!で記録止まる

丸佳浩が球団記録を更新する44試合連続出場記録を達成した。

しかし、記録達成後の翌ゲームでは出塁できずに記録は止まった。

打率が上がれば日本記録も見えてくる!

今年の丸佳浩は打撃の調子が上がってこない。

打率は.260と昨年と比較すると.050も低いが、自慢の選球眼で四球を選び連続試合出場を継続させた。

順位 連続試合
出塁記録
名前
球団
シーズン
打率
シーズン
四死球数
1位 69試合
(1994年)
イチロー
(オリックス)
.385 61
2位 67試合
(1996年)
イチロー
(オリックス)
.356 65
3位 65試合
(2001年)
松井秀喜
(読売)
.333 123
4位 60試合
(2001年)
小笠原道大
(日本ハム)
.339 67
5位 56試合
(1986年)
石嶺和彦
(阪急)
.300 52
カープ
記録
44試合
(2015年)
丸佳浩
(広島)
(.260)* (83)*
旧カープ
記録
43試合
(1976年)
ホプキンス
(広島)
.329 67

*丸佳浩の記録は、2015年9月8日(121試合経過)現在

連続試合出塁は、毎試合安打か四死球で塁に出なければならない。

記録を持っている選手は、やはり打率が高い。

しかし、丸佳浩だけは3割を大きく下回る数字で44試合もの間、出塁し続けた。

類まれな選球眼を持っているからに他ならない。

この打率で44試合も連続で出塁しているのは驚異的な数字である。

 

バッティングの調子が悪くても、出塁でチームに貢献することもできることを丸佳浩は証明している。

野球というスポーツの面白みがここにある。

ただ、やはり丸佳浩には打率3割を超えて、チームをけん引してもらいたい。

そして、バッティングの調子が戻ってこれば、イチローの日本記録更新も不可能ではないはずだ。

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください