前田健太球団史上4人目の6年連続2桁勝利達成!過去の3人は誰?

前田健太が今シーズン10勝目を上げた。

これで1991年の川口和久以来、球団史上4人目となる6年連続2桁勝利を上げた。

この記録、近代野球では驚異的な数字である。

最多勝の数字も低くなった近代野球で2桁勝利はとても価値が高い

前田健太が上げた6年連続2桁勝利、カープでは4番目に長い記録である。

順位 名前 期間 連続年
1位 北別府学 1978~1988 11年連続
2位 長谷川良平 1950~1957 8年連続
3位 川口和久 1986~1991 6年連続
前田健太 2010~2015 6年連続

200勝投手の北別府学は長くエースの座を務めただけあり、11年連続。

この球団記録を破ることは容易ではないだろう。

長谷川良平はルーキーイヤーから8年連続であり、時代を感じることができる。

川口和久が6年連続2ケタ勝利を上げて以降の記録であることは、カープの投手力が落ちていったことを物語っているのかもしれない。

大野豊や佐々岡真司がクローザーを務めなければ達成していた記録かもしれないが、黒田博樹の日本時代は3年連続2桁勝利を二度記録したことがあるが6年連続はなく、至難の業である。

 

2014年のセントラルリーグの最多勝が13勝である通り、先発投手の中6日制が定着して勝ち星が伸び辛くなっているのも2桁投手が出辛くなった要因と言える。

現に、前田健太以外に2010~2014年まで2桁勝利を上げている投手は日本には誰もいない。

メジャーに渡った日本人投手を見ても、黒田博樹が同期間、田中将大が楽天時代の2009年から記録を継続しているが、それ以外の投手では見当たらない。

カープに復帰した黒田博樹、同じ88年生まれの田中将大と肩を並べた前田健太、球界を代表するエースといっても過言ではない。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください