プロ野球セ・パ優勝チームの最低勝率や最低貯金数は?

2015年のプロ野球、交流戦でセントラルリーグ全体で借金17を作ったので、優勝チームが借金していてもおかしくない。

過去のプロ野球での最低勝率・最低貯金での優勝チームを調べてみた。

純粋な1リーグ制と前期後期制で最低勝率が異なる

日本プロ野球での最低勝率・最低貯金での優勝は1973年の読売ジャイアンツと言える。

ジャイアンツV9最後の年に記録した.524。

66勝60敗4分で貯金6での優勝であった。

この1973年は、最終戦まで1位だった阪神タイガース(64勝58敗7分)と2位読売ジャイアンツ(65勝60敗4分)が甲子園での最終戦で直接対決。

この試合に9-0で勝利した読売ジャイアンツが優勝を果たした。

この年の最下位はカープで60勝67敗3分、勝率.472で首位とのゲーム差は6.5しかなかった。

 

パシフィックリーグでは1973年~1982年に前期・後期の2リーグ制で戦っていた。

前後期65試合ずつを行い、各々の優勝チームが5試合制のプレーオフを行い優勝チームを決める制度である。

この制度であれば、シーズンを通して借金を持ったチームが優勝する可能性はある。

1975年に優勝した阪急ブレーブスは64勝59敗7分、勝率.520で優勝したが貯金は5。

この年の阪急ブレーブスは前期を38勝25敗2分.603で優勝したものの、後期は26勝34敗5分、勝率.433で最下位。

後期優勝した近鉄バファローズとのプレーオフを制して優勝したものの、シーズンを通した成績は、近鉄と8ゲーム差を付けられていた。

前期 勝利 敗北 引分 勝率
阪急ブレーブス 38 25 2 .603
近鉄バファローズ 31 30 4 .508 6.0

 

前期 勝利 敗北 引分 勝率
近鉄バファローズ 40 20 5 .667
阪急ブレーブス 26 34 5 .433 14.0

 

年間計 勝利 敗北 引分 勝率
阪急ブレーブス 64 59 7 .520
近鉄バファローズ 71 50 9 .587 -8.0

1975年はカープが初優勝した年だが、日本シリーズは阪急ブレーブスが4勝2分とカープは1勝もできなかった。

 

プロ野球の順位決定のルールは定期的に変更になるが、その度に何かの弊害や矛盾が起こる。

簡潔にすればいいのにと思うのだが。。。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です