黒田博樹、前人未到の日米40球団から勝利!今後破られない記録

2015年5月29日(金)、黒田博樹がオリックスバファローズから勝ち星を上げて、カープ以外の日本プロ野球全球団から白星を上げた。

メジャーでもデトロイトタイガース以外の29球団から勝利を上げており、計40球団。

これは今後簡単には破られない記録だろう。

40球団勝利の可能性があるのはダルビッシュ有?

2005年に始まった交流戦により、セ・パ両リーグとの対戦が可能になり、11球団から勝利する投手は多くなった。

12球団からの勝利や、消滅した大阪近鉄バッファーローズからも勝利して13球団から白星を挙げている投手もいる。

黒田博樹も国内移籍してカープから白星を上げれば12球団制覇となるが、黒田博樹の性格からしてカープでユニフォームを脱ぐことになることを考えると、40球団より多くなることはないはずだ。

 

昨年末にメジャーからカープに復帰する時に、あとデトロイトタイガースにさえ勝利すれば、メジャー全30球団から勝利となるので、特にアメリカでは日本復帰を驚く声が多かった。

歴史が長く、移籍も当たり前のメジャーリーグ、またインターリーグ(交流戦)も日本より前から行われているので、メジャー全30球団制覇した投手も多いかと思いきや、これまで13人しか達成していない偉大な記録である。

 

日本人を見ても、黒田博樹の次に多いのは野茂英雄の34球団。

順位 名前 勝利球団数(日本/メジャー)
1位 黒田博樹 40(11/29)
2位 野茂英雄 34(5/29)
3位 松坂大輔 32(10/22)
4位 石井一久 29(12/17)
5位 ダルビッシュ有 28(10/18)

 

野茂英雄の時代に交流戦があれば、黒田博樹と全く同じ40球団から勝利となっていただろう。

野茂英雄が海を渡り、メジャーに行ってくれたからこそ、後輩に道ができ、黒田博樹も40球団から勝利することが出来た。

この記録を抜ける・肩を並べられる選手はダルビッシュ有だろうか?

しかしダルビッシュ有でも、少なくとも1回移籍をしない限りは、40球団に手が届かない。

メジャー全球団に勝利したのち、日本ハムファイターズに復帰して、残る横浜DeNAベイスターズに勝利すれば41球団からの勝利となる。

また、日本ハムファイターズ以外のチームに移籍となれば、日米全42球団から勝利できる可能性もあるが、さすがにそれは日本ハムファイターズのファンが許してくれないだろう。

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください