良い人伝説ザガースキー!チームを離脱せず、夫人は広島で出産

癒し系助っ人リリーバー、マイク・ザガースキー夫人が第1子となる長女を広島で出産した。

外国人選手が日本で出産するのはとても珍しいと思う。

For The Teamのザガースキー

外国人、特にアメリカ人は仕事より家族を大事にする人が多い。

それは野球選手でも特別ではなく、メジャーリーグでは最長3日間の出産休暇が認められている。

日本人メジャーリーガーの青木宣親や川崎宗則もこの制度を利用してチームを一時的に離れたことがある。

日本プロ野球に所属する選手も特別ではなく、夫人の出産立ち合いの為にアメリカに戻るため、帰国するのは普通である。

しかし、ザガースキー夫妻は日本での出産を選んだ。

初めての出産でもあり、不安も多かったことだろう。

ザガースキーはチームを離脱することを避けるため、来日した時から夫人の出産を日本で行う事を決めていたそうだ。

チームのことを考えるザガースキー、良い人過ぎる。

そういえば、大瀬良大地もザガースキーの人柄を褒めちぎっていた。
⇒ 貴重なサウスポーセットアッパー、ザガースキーの良い人伝説

 

ザガースキー、開幕は外国人枠の関係もあり2軍で迎えた。

守護神ヒースの不調により1軍に昇格してからは、好調を維持している。

当初は負け試合での登板であったが、徐々に7,8回のセットアッパーのポジションを勝ち取りつつある。

カープのリリーバーは崩壊気味で、安定感があるのはザガースキーくらいだろう。

ここは思い切ってザガースキーをクローザーにして、戸田隆矢と2軍で好調を維持してる中田廉で7,8回を乗り切る勝利の方程式にしてもらいたい。

また、好調を維持している先発投手陣、中6日での登板が続くと思うので、何とか7回まで投げ切ってもらえれば、勝ち試合が増え上昇気流に乗ってくれるはずだ。

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください