通算&年間先頭打者本塁打の記録を見るとカープの選手が多い

2試合連続先頭打者本塁打を記録していた田中広輔、3試合連続本塁打とはならなかった。

3試合連続への挑戦は三振で終わったが、本塁打よりも塁に出る姿勢を大切にしてもらいたい。

高橋慶彦、野村謙二郎、緒方孝市・・・カープには球界を代表する先頭打者が多かった

連続試合先頭打者本塁打の記録は1993年8月20日~22日に記録した松永浩美の3試合であるが、2試合連続は今回の田中広輔を含めて、述べ36人が達成している。
(複数回記録しているプレーヤーも数人いる。)

カープでも、1970年に井上弘昭、1977年に衣笠祥雄、1989年に高橋慶彦、1996年に緒方孝市、1997年に野村謙二郎、2008年に赤松真人、そして今回の田中広輔と7人が記録している。

他の先頭打者本塁打の記録も気になり調べてみた。

【通算先頭打者本塁打数ランキング】

順位 名前 本数(表/裏)
1位 福本豊 43(24/19)
2位 真弓明信 41(24/17)
3位 高橋慶彦 34(13/21)
4位 石毛宏典 30(18/20)
5位 緒方孝市 28(22/6)
6位 柴田勲 25(9/16)
7位 仁志敏久 24(9/15)
松井稼頭央 24(11/13)
9位 山崎裕之 22(9/13)
10位 野村謙二郎 21(6/15)

パンチ力のある選手が多いが、長く1番を務めた選手が多いのが印象だ。

高橋慶彦、緒方孝市、野村謙二郎とカープの選手が多い。

緒方孝市は、狭い旧広島市民球場を本拠地にしながら、裏よりも表の先頭打者本塁打が多いのは意外である。

私はその内の1本、2003年に東京ドームで放った緒方孝市の先頭打者本塁打を生観戦していた(試合には負けたが・・・)。

 

【シーズン先頭打者本塁打数ランキング】

 

順位 名前 本数
1位 高橋由伸 9 2007
2位 福本豊 8 1972
ヒルトン 1978
石毛宏典 1986
デューシー 1996
緒方孝市 1999
西岡剛 2009
8位 松井稼頭央 7 2002
松井稼頭央 2003
今岡誠 2003
仁志敏久 2004
坂本勇人 2010
片岡易之 2010

 

高橋由伸は本来はクリーンアップを打つバッター。

2007年は小笠原道大、李承燁、二岡智宏、阿部慎之助らがクリーンアップを構成していたために、高橋由伸は1番を打つことになってのシーズン記録。

 

田中広輔は長く先頭打者を務めれば、通算での先頭打者本塁打の記録でトップ10に入ることも可能だろう。

だが、長く先頭打者を務めるには何が必要かを考えた時、本塁打が求められている訳でないことはわかるはずだ。

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください