甲子園、高校野球監督通算勝利数ランキング!

甲子園に何度も出場している高校の中には名将と呼ばれる監督も多い。

高校野球ファンならずともその名を知っている監督も多いが、甲子園での通算勝利数ランキングはどのようになっているかが気になったので調べてみた。

高校野球の監督も若き指導者への転換期か?

横浜高校では小倉清一郎部長が2014年夏に、そして2015年夏に渡辺元智監督も勇退。

横浜高校を支えた小倉-渡辺両指導者が一戦から身を退いた。

激戦区神奈川で何度も甲子園に出場し、横浜高校出身選手だけで球団ができるのではないかと思わせるほど、プロ野球界へも選手を輩出している。

日本野球界への貢献度はとても大きい。

甲子園での勝利数はそれだけ野球界への貢献度と言えなくもないが、甲子園での監督勝利数ランキングは以下の通りとなっている。

*2018年4月4日更新

順位 名前 勝敗
(春/夏)
勝率
(春/夏)
1位 高嶋仁
(71歳)
68勝34敗
(30勝13敗/38勝21敗)
.667
(.698/.644)
2位 中村順司
(71歳)
58勝10敗
(31勝7敗/27勝3敗)
.853
(.816/.900)
3位 渡辺元智
(73歳)
51勝22敗
(23勝12敗/28勝10敗)
.699
(.657/.737)
前田三夫
(68歳)
51勝23敗
(21勝13敗/30勝10敗)
.689
(.618/.750)
5位 馬淵史郎
(62歳)
50勝31敗
(23勝13敗/27勝18敗)
.617
(.639/.600)
6位 西谷浩一
(48歳)
49勝9敗
(23勝5敗/26勝4敗)
.845
(.821/.867)
7位 木内幸男
(86歳)
40勝19敗
(13勝6敗/27勝13敗)
.678
(.684/.675)
8位 蔦文也
(故人)
37勝11敗
(21勝5敗/16勝6敗)
.771
(.808/.727)
阪口慶三
(73歳)
37勝30敗
(23勝15敗/14勝15敗)
.552
(.605/.483)
10位 尾藤公
(故人)
35勝10敗
(22勝5敗/13勝5敗)
.778
(.815/.722)

勝利数ランキングなので、甲子園への出場回数が多い監督でないとランキングされない。

トップ10に名がある監督は高校野球ファンなら誰しもが知っている名将だが、年齢を重ねている監督が多く、高校野球の監督も世代交代なのかなと感じてしまう。
(年齢を重ねないとランキングされることはないのだが・・・)

大阪桐蔭の西谷浩一監督がこれからどこまで順位を上げられるか?

また、2015年春のセンバツを制した敦賀気比の東哲平監督は松坂世代。

春9勝2敗、夏4勝1敗と勝率もよく、今後の甲子園での名物監督になっていくだろうか?

若き監督にも注目だ。

 

選手だけでなく、監督からも目が離せないのが高校野球の見どころである。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.