【月刊:東出輝裕&栗原健太】進退を賭けたシーズンの動向は?

昨年、長年カープを支えてきた東出輝裕と栗原健太が1軍に上がるまで、2軍の動向を追いかける企画を書いていたが、今シーズンも書くことになってしまった。

 

2015年4月末までの東出輝裕と栗原健太の打撃成績(ウェスタン)

長年のカープファンであれば、21世紀になって以降のカープ低迷期を支えた東出輝裕&栗原健太の動向は気になるはず。

2人が1軍の舞台に立つまで、2軍での成績を追いかけて行きたい。

試合 打席 打数 安打 打率 本塁打 打点 四死球 犠打 盗塁 三振
東出輝裕 1 1 1 0 .000 0 0 0 0 0 0
栗原健太 10 20 16 2 .125 0 1 3 0 0 3

(2015.4.30現在)

ウェスタンは4月30日までで28試合を行っている。

庄司隼人や下水流昴など積極的に起用されている選手は100打席を超えている。

東出輝裕と栗原健太は2軍でも試合に出れない状況なのだろうか?

怪我などの情報は入ってきていないので、戦力や打撃の状態の問題かもしれない。

 

東出輝裕は2軍野手コーチ補佐としての肩書もある。

2軍は18勝9敗1分と1軍と真逆のような成績で堂々の首位。

2軍は育成としての位置づけもあるので、首位だからと喜んでいる場合でもないが、コーチ補佐としてはどのような気持ちなのだろうか?

選手としてコーチとして・・・気持ちは複雑だと思う。

 

外国人野手の相次ぐ怪我での離脱により、1軍では新井貴浩が4番を打っている。

新井貴浩がいなかったら、と発言している人もいるが、栗原健太がその役回りを担っていなければならなかったはずだ。

 

昨年は優勝するために、東出輝裕と栗原健太の力が必要になると思い、毎月書き続けていたが、今年の状況は明らかに異なる。

進退を賭けたシーズン、1軍に上がるまで2人の動向を追いかけていきたい。

 

関連記事:
    None Found


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください