セ・リーグで4番・エース・クローザーが日本人のチームは?

日本プロ野球、優勝するには外国人助っ人の活躍が必至。

しかし、長期的に常勝チームを作るのであれば、日本人がチームを支えなければならないだろう。

 

日本人がチームの核になっているチームは?

プロ野球12球団、各チームに外国人助っ人がいて、外国人助っ人の活躍次第でチームの浮沈が決まる。

優勝するチームには、外国人助っ人の活躍が不可欠だが、長期的ビジョンで見れば、日本人選手がチームの核となっていなければならない。

セントラルリーグ各チームの4番、エース、クローザー、誰が務めているのかをまとめてみた。

4番 エース クローザー
東京ヤクルトスワローズ 雄平 小川泰弘 バーネット
読売ジャイアンツ 阿部慎之助 菅野智之 澤村拓一
横浜DeNAベイスターズ 筒香嘉智 久保康友 山﨑康晃
中日ドラゴンズ ルナ 山井大介 福谷浩司
阪神タイガース ゴメス メッセンジャー 呉昇桓
広島東洋カープ 新井貴浩 前田健太 ヒース

開幕時の起用を中心にまとめている。

こうしてみると日本人が多いと感じるが、4番、エース、クローザーの3つのポジションを信頼感持って任せているチームはないだろう。

ジャイアンツは阿部慎之助はケガで離脱中で坂本勇人が務めているが、まだまだ4番ではなく4番目。

新クローザーの澤村拓一は、1年間戦ってからでないと合否はだせないだろう。

ベイスターズも同く、ルーキーの山﨑康晃がクローザーを務めている。

タイガースは全て外国人・・・

 

我がカープはと言えば、4番ヘスス・グスマンでスタートしたものの、ケガで離脱後、ロサリオや松山竜平が4番を務めた後、新井貴浩が4番を打っている。

新井貴浩が広島に復帰していなかったら誰が4番だったのだろうか?

早急に4番道を究めさせる若手を発掘しなければならない。

この話はクローザーにも言えるだろう。

カープだけでなく、12球団すべてに言える話だと思う。

長くなったのでパ・リーグ編はまた次回・・・

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください