1986年クローザー津田恒美、胴上げ投手にふさわしい男!!

優勝するチームには頼れるクローザーがいる。

1991年カープ優勝時には大野豊がいたが、1986年には炎のストッパー津田恒美がいた。

津田恒美への思いが詰まった胴上げ投手

思えば1991年は大野豊と津田恒美のダブルストッパーでスタートした。

津田恒美が病に倒れ、チームは津田恒美の為にと奮起し、見事に優勝を果たした。

その5年前、1986年には津田恒美が「炎のストッパー」として9回のマウンドを守っていた。

優勝が懸かった神宮球場でのヤクルトスワローズ戦。

8-3とセーブが付かない場面での登板となった。

先発した北別府学のコメントが、この年の津田恒美の存在を表していると思う。

「この年の貢献度からして、津田恒美が胴上げ投手にふさわしい」

 

この動画、色々と感じることが多い。

ヤクルトの打線は、広澤克実、池山隆寛、青島健太とビックネームが並んでいたり、

カープベンチの盛り上がりをみると、とても仲が良いことがわかる。

最後の打者は三振で優勝が決まるのだが、その直前のハーフスイングは振っとるやろ?と思うのは私だけ?

後に達川光男が発言していたのだが、最後の三振の判定はボールらしい。

津田恒美のストレートに球審が押されてストライトとコールしたと言っていた。

優勝が決まった時に流れていたのは宮島さんで、この頃から得点が入ったり、勝利した時のメロディだった。

 

優勝するチームには絶対的守護神がいる。

1991年に優勝して以降、今年で24年。

この24年のチーム、クローザーを天国の津田恒美はどのように感じているのだろうか?

気持ちで相手を圧倒するような日本人クローザーが出てくることを願っているような気がしてならない。

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください