中崎翔太に心と体の休息を。昨年の中田廉の二の舞は禁ず!!

カープの勝利の方程式が上手く機能していない。

特に中崎翔太の起用法が気になるところだ。

シーズン序盤の登板過多に要注意!!

2014年シーズン序盤、カープ快進撃を支えていたのは中田廉、一岡竜司、ミコライオと言った勝利の方程式。

ミコライオがケガと奥様の出産立ち合いで戦線離脱、一岡竜司も肩の故障で離脱とリリーバーが崩れていき、徐々にチーム全体の調子を落とした部分もある。

1年間1軍にいた中田廉も、疲労の影響があるのかないのかわからないがキャンプ中に右肩を痛めて2軍調整中。

 

2015年シーズンは、一岡竜司、中崎翔太、ヒースのトリオでスタートしたが上手く回っていない。

ちょうど全チームとの対戦が終了して14試合が経過した時点で、一岡竜司が3敗、中崎翔太が2敗と接戦を落としている。

そして、敗戦よりも気になるのが中崎翔太の登板数である。

 

中崎翔太は2014年シーズン、夏場以降に勝利の方程式を担うようになってきた。

シーズン序盤から1軍で活躍するのは初めてである。

にも拘わらず、14試合中7試合に登板している。

2試合に1試合のペースである。

 

シーズン序盤で白星を拾っていきたいところであるが、長いシーズンを見越したら、無理に登板数を増やすこともない。

敗戦数が多くなっているが、今は徐々に調子を上げていき、シーズン終盤の大事なところできっちりと抑える投手になっていることが重要。

中田廉も昨シーズン終盤は打ち込まれることも多く、年を明けてから右肩の故障となったが、中崎翔太には同じ道を歩んでほしくない。

負け投手となって落ち込んだり反省することも多いだろうが、それ以上に体と心のケアを本人だけでなくチームスタッフ全員で行ってほしいと思う。

風貌は堂々としているものの、まだまだ経験の浅い23歳の将来有る若者と言うことを忘れてはいけない。

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください