2015センバツ甲子園組合せ決定!!仙台育英&浦和学院が中心か?

2015年春のセンバツ高校野球の組み合わせ抽選が行われた。

また一つ春の足音が聞こえてきた。
(野球界で何かある度に春の足音がと言っているが・・・)

仙台育英・浦和学院が中心か?

マスコミの報道を見ているとMAX152kmの県岐商:高橋純平の話題が一番多い感じがする。

大会No.1投手として、既にドラフト1位候補に上がっている逸材。

どちらかといえば、プロ注目選手として話題を集めているが、チームとしては秋季東海大会決勝で静岡高校に敗れて準優勝。

その静岡高校が東海代表として出場した秋の神宮大会を制したのは仙台育英で、準優勝は浦和学院。

この2校は決勝まで当たらない組み合わせとなり、大会の中心となるだろう。

 

仙台育英サイドには、夏春連覇を狙う大阪桐蔭に、東海チャンピオンの静岡、更に、昨夏ベスト4の敦賀気比も入っており、注目校が多い。

浦和学院サイドには、県岐商や機動破壊をキャッチフレーズにする健大高崎がいるが、浦和学院の初戦の対戦相手は昨年のセンバツ優勝校である龍谷大平安。

浦和学院は一昨年のセンバツ優勝校であり、浦和学院-龍谷大平安は1回戦屈指の好カードと言える。

決勝は神宮大会と同じ仙台育英 vs 浦和学院になるのか?

それとも他の高校が2校の牙城を崩すのか?

 

春のセンバツは試合勘がまだまだ戻らずに野手は好投手を打ち崩すのが難しく、気候的な面からも投手有利の大会になると言われている。

そうした意味でも県岐商の高橋純平に注目が集まるのだろうが、どのような選手、チームが出てくるのか楽しみで仕方ない。

 

大会の展望と言うか、注目校について書いてみたが、春のセンバツをチェックしないと夏の大会を楽しめないので、各試合を要チェックしていこう!!

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください