カープ歴代40歳代投手の成績比較!!最年長は七色の変化球大野豊

40歳になったばかりの黒田博樹がカープだけでなく球界の話題の多くをさらっている。

過去にカープで40代で活躍した投手は何人いるのだろう?と気になったので調べてみた。

最年長は開幕投手の記録も持つ大野豊

今年50歳になる山本昌など、年々40代でも現役を続ける投手は増えている。

カープでは黒田博樹が40歳となり最年長。
(1975年2月10日、早生まれなので41歳を迎えるシーズンとなる。)

カープ歴代では40歳以上で活躍した投手は以下の通りである。

*2016年黒田博樹現役引退!

名前 誕生日 引退年 40代での勝利数
渡辺秀武 1941.9.16 1982 1
大野豊 1955.8.30 1998 24
佐々岡真司 1967.8.26 2007 2
高橋建 1969.4.16 2010 4
豊田清 1971.2.2 2011 2
黒田博樹 1975.2.10 2016 21

(40代での勝利数は40歳を迎えるシーズンも含んでいる。)

 

カープで歴代最年長記録を紐解いていくと、大野豊の名前が出ることが多い。

カープ歴代最年長だけでなく球界の最年長記録も持っている。

42歳シーズンで獲得した最優秀防御率や43歳での開幕投手は球界史上最年長。

山本昌が開幕投手を務めれば開幕投手の記録は抜かれてしまうが、最優秀防御率のタイトルはなかなか破られないだろう。

 

ただし、これらの記録を破る可能性があるとしたら、黒田博樹かもしれない。

今シーズンの開幕投手は前田健太だが、前田健太がメジャーに移籍すれば、来年以降は黒田博樹の開幕投手の可能性も有りえる。

また、今の力があれば、42歳・43歳と現役を続け、最優秀防御率のタイトルを獲得することも夢ではない。

ただし、「1球の重み」を感じながら投球する黒田博樹、力がありながら現役引退することも考えられなくはない。

*2016年黒田博樹現役引退で大野豊を超えられず!

 

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください