イチローメジャー10,000打席の金字塔達成で日米通算2位に!!

マイアミ・マーリンズのイチロー。

第4の外野手として、あと156本に迫ったメジャー通算3,000本安打以上に、何試合・何打席のチャンスが与えられるのか?に注目が集まっている。

日米通算打席数は日本では断トツの1位のイチロー!メジャーではピート・ローズに届かない!?

イチローが所属するマイアミ・マーリンズ。

有望な外野手が3人おり、控え外野手としてのシーズンとなりそうである。

メジャー通算3,000本安打の今シーズン達成は難しそうだが、残り337打席に迫ったメジャー通算10,000打席、田口壮の分析によれば、今シーズン中の達成は不可能ではない。

 

2014年シーズンまでで、日本で4,098打席、メジャーで9,663打席で通算13,761打席。

日米通算では日本では断トツの1位である。

日本で10,000打席を超えているのはイチローを含めてちょうど10人。

順位 名前 打席数
1位 イチロー 13,761
2位 野村克也 11,970
3位 王貞治 11,866
4位 張本勲 11,122
5位 衣笠祥男 10,634
6位 金本知憲 10,431
7位 門田博光 10,304
8位 谷繁元信 10,284
9位 福本豊 10,130
10位 立浪和義 10,033

イチローと谷繁元信は現役であり、まだまだ数字が伸びる。

 

イチローを除く日本のトップは野村克也で11,970打席。

この打席数は昨年引退したデレク・ジーターの11,968打席を僅かに超える。

デレク・ジーターはメジャーでは19位になるが、日米通算ではイチロー、野村克也に抜かれて21位に。

日米通算での打席数ランキングトップ10は以下の通りである。

順位 名前 打席数
1位 ピート・ローズ 15,890
2位 カール・ヤストレムスキー 13,992
3位 ハンク・アーロン 13,941
4位 イチロー・スズキ 13,761
5位 リッキー・ヘンダーソン 13,346
6位 タイ・カップ 13,078
7位 カル・リプケン 12,883
8位 エディ・マレー 12,817
9位 スタン・ミュージアル 12,717
10位 バリー・ボンズ 12,606

日本でもお馴染みの名前が並ぶトップ10で日米通算で4位にランキングしているイチロー、あと180打席で3位、231打席で2位となる。

今シーズン中に2位まではなるだろう。

1位のピート・ローズまでは2129打席あり、厳しい数字だ。

日米通算4122安打のイチローは、安打数でも通算4256安打とメジャー記録を持つピート・ローズを追いかける。

この2人の戦い、とても面白い。
(ピート・ローズや米国が、日米通算の記録をどう扱うかも興味深い。)

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.