新井貴浩の広島東洋カープ・阪神タイガース在籍時の成績比較!!

2015年、黒田博樹の8年ぶりの復帰で盛り上がっているが、新井貴浩の復帰も忘れてはならない。

カープにいてこそ輝く新井貴浩!!

1998年のドラフト6位でカープに入団した新井貴浩。

ルーキーイヤーから7本塁打を放つなど、早々に頭角を現した。

金本知憲がFAで阪神タイガースに移籍した後は、苦しんだ時期もあったが4番の重責を担った。

そして2007年オフ、新井貴浩本人もFAで阪神タイガースへと移籍した。

このFAに関しては色々な物議を醸したが、真意は新井貴浩本人しかわからないだろう。

自由契約と言う形ではあるが、カープに復帰したのだから全てを水に流して応援したい。

 

新井貴浩は阪神タイガースに7年間在籍していたが、カープ在籍との成績を比較してみたい。

(カープ復帰から現役引退までの数字も入れてみた)

在籍年 試合数 打席 打数 安打 打率 二塁打 三塁打 本塁打 打点
1999-2007
(広島)
1081 3899 3541 987 .279 153 9 194 574
2008-2014
(阪神)
882 3487 3156 867 .275 172 8 86 499
2015-
2018
(広島)
419 1409 1237 349 .282 62 5 39 230
2383 8799 7934 2203 .278 387 22 319 1303

カープ在籍9年、タイガース在籍7年であるが、数字だけ見ると、カープ時代の方がやや良さそう。

しかし、これだと分かり辛い部分もあるので、両球団でキャリアハイの数字を残していた頃の3年間を抜粋して比較してみたい。

在籍年 試合数 打席 打数 安打 打率 二塁打 三塁打 本塁打 打点

2005 142 587 541 165 .305 30 1 43 94
2006 146 611 566 169 .299 23 2 25 100
2007 144 619 556 161 .290 22 0 28 102

2009 144 599 558 145 .260 32 1 15 82
2010 144 641 570 177 .311 42 0 19 112
2011 144 602 550 148 .269 25 3 17 93

太字はリーグ最高、赤字は両球団在籍時のキャリアハイ。

2008年は腰痛の影響で途中離脱をしていたが、2005年から2010年の間が新井貴浩の成績が1番良い時期だったと思う。

阪神タイガースでは満足いく結果が得られなかったが、2005年~2007年がピークだったのか?もしくは阪神タイガースでは何かが合わなかったのか?

後者であると願い、広島東洋カープでもうひと暴れしてもらいたい!!

(2016年の25年ぶり優勝の際にはMVPに輝くなどもうひと暴れしてくれて、2018年に現役引退!)

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください