カープが毎年必勝祈願する広島護国神社について調べてみた

カープのオーナー、監督、コーチ、そして球団幹部職員が広島護国神社で必勝祈願を行った。

キャンプインが近くなってきたなと感じる。

 ケガ人が出ないように・・・必勝祈願!!

毎年、キャンプインの前に広島護国神社で必勝祈願を行っている。

しかし、広島に住んでいない私、名前は良く聞くものの、どんな神社なんだろう?と思ったので調べてみた。

広島と言えば厳島神社が有名だが、厳島神社には修学旅行で訪れたことがある。

 

必勝祈願の様子をテレビやインターネットで見ていて、広島護国神社はとても綺麗で大きな神社だなと思っていたが、地図で確認するとホントに大きい!!

広さは、1,500坪(4,950平方米)。

広島城跡にあり、立地的な条件もあってか、初詣の参拝客は厳島神社よりも多いそうだ。

神社には、勤労奉仕中に原爆投下で亡くなった動員学徒や女子挺身隊等、そして広島西部出身の英霊が祀られている。

 

各種祈願を行っているようで、広島護国神社のホームページには、カープが必勝祈願に訪れた時の様子の写真が使われている。

広島や中国地方に住んでいる人にとっては当たり前の情報かもしれないが、遠く大阪の地から護国神社を知ることによって、私も必勝祈願!!

必勝の前に、シーズン通してケガ人を出さずに戦うことが前提かなと思う。

ケガ人が出ずに安定した戦いが出来れば優勝できる戦力だと感じる。

とにかくケガ人が出ない様にお祈りしたい。

 

ところで、グーグルマップでマツダズームズームスタジアムをチェックすると、何故か広電・マエケンと出てくる。

これは何だろうか?

広電が近くを通っているわけではないし、マツダズームズームスタジアムにはマエケンの魂が宿っているということだろうか?

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です