広島東洋カープ先発投手に存在する16勝の壁を越えろ!!

黒田博樹復帰で盛り上がる広島東洋カープ球団、そして我々カープファン。

黒田博樹はあと18勝で日米通算200勝、前田健太もあと18勝で通算100勝。

二人が18勝すればグッと優勝が近づくが、カープ投手陣にとって16勝の壁が大きく立ちはだかる。

 1994年紀藤真琴以来16勝を上げた投手が出ていない

1994年以降のカープチーム内での最多勝投手について調べてみた。

名前 勝利数
2016 野村祐輔 16勝
2015 前田健太 15勝
2014 前田健太 11勝
2013 前田健太 15勝
2012 前田健太 12勝
2011 バリントン 13勝
2010 前田健太 15勝
2009 ルイス 11勝
2008 ルイス 15勝
2007 黒田博樹 12勝
 2006 黒田博樹 13勝
2005 黒田博樹 15勝
2004 ベイル 11勝
2003 黒田博樹 13勝
2002 長谷川昌幸 13勝
2001 黒田博樹 12勝
2000 ミンチー 12勝
1999 佐々岡真司 15勝
1998 ミンチー 15勝
 1997 澤崎俊和 12勝
1996 紀藤真琴 12勝
1995 チェコ 15勝
1994 紀藤真琴 16勝

*2016年に野村祐輔が16勝を記録し、22年ぶりに15勝の壁を突破した!

不思議なことに、1994年に紀藤真琴が16勝を上げて以降、16勝が大きな壁になっている。

球界を代表するエースになった前田健太、メジャーでもローテーション投手であった黒田博樹、そしてチェコ、ミンチー、ルイスといった優良外国人助っ人たちも何故か15勝止まり。

16勝に大きな壁があるのだろうか?

 

2014年のセントラルリーグ最多勝は13勝と、勝ちきれない投手が多かった。

最多勝投手は18勝くらいしてほしいと思う。

前田健太や黒田博樹も最多勝を獲得しているが、その数字は15勝。

数字的には満足していないかもしれない。

黒田博樹、前田健太のWエースが共に18勝で最多勝を獲れば、自ずと優勝も見えてくるだろう!!

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください