日本人メジャーリーガー所属メジャー球団数ランキング

日本もアメリカも野球はストーブリーグ真っ只中。

アメリカでは移籍も活発であり、日本のように1チームで現役を終える選手は少なく、多くの選手が移籍を経験する。

日本人メジャーリーガーで多くのチームに所属したのは誰?

イチロー、青木宣親、そして黒田博樹と来季の所属チームが決まっていない。年明けに所属が決まるような感じだ。

この状況は日本人プレーヤーに限った話ではないが、毎年戦力が変わるのがメジャーの特徴だ。

もちろんメジャーでも戦力外となってチームを移るケースもあるが、戦力として必要とされて移籍することのが多く、所属球団が多いのはマイナスでもない。

2014年12月14日(日)テレビ東京のネオスポで「日本人メジャーリーガー所属メジャー球団数ランキング」をやっていたので紹介したい。

順位 名前 球団数 球団名
1位 野茂英雄 7球団 ドジャース
メッツ
ブリュワーズ
タイガース
レッドソックス
レイズ
ロイヤルズ
2位 斎藤隆 5球団 ドジャース
レッドソックス
ブレーブス
ブルワーズ
ダイヤモンドバックス
大家友和 レッドソックス
エクスポズ-ナショナルズ
ブルワーズ
ブルージェイズ
インディアンズ
マック鈴木 マリナーズ
メッツ
ロイヤルズ
ロッキーズ
ブルワーズ
ロイヤルズ
青木宣親 ブルワーズ
ロイヤルズ
ジャイアンツ
マリナーズ
アストロズ
6位 松井秀喜 4球団 ヤンキース
エンゼルス
アスレチックス
レイズ
高橋尚成 メッツ
エンゼルス
パイレーツ
カブス

*2017年データ更新

大家友和が在籍していたモントリオール・エクスポズは2005年より本拠地移転でワシントン・ナショナルズと名称変更するが、所属が変わった訳ではないので1球団で計算。
マック鈴木はロイヤルズに2度在籍したが、これも所属チームとしては1球団。

 

日本人メジャーリーガーのパイオニア、レジェンド野茂英雄が所属球団が最も多く7球団。

イチローは3球団、黒田博樹は2チームのみで、メジャーリーガーとしては少ない方なのかもしれない。

青木宣親はもしかしたら今後、野茂英雄に並ぶほどの複数チームに所属するような感じもする。

⇒そうなっている!!

 

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.