ゴールデングラブ賞の近未来予想【パ・リーグ編】

昨日、セントラルリーグのゴールデングラブの近未来予想を行った。

セ・リーグは、2~3年したら菊丸コンビ以外は顔ぶれが大きく変わるだろうなと思って書いてみたのだが、折角なのでパシフィック・リーグも考察してみたい。

有望な若手も多いパ・リーグのゴールデングラブ賞

さっそくポジションごとに考察開始!!

【投手:金子千尋】
FA宣言中の金子千尋、来季どこのユニフォームを着ているかわからないが、オリックス残留としたら、ライバルになるのは日本に復帰する松坂大輔か?

【捕手:伊藤光】
25歳と若い伊藤光が初受賞。
パ・リーグには、福岡ソフトバンクホークス細川亨、鶴岡慎也、北海道日本ハムファイターズの大野奨太、埼玉西武ライオンズの炭谷銀仁朗、東北楽天ゴールデンイーグルスの嶋基宏と捕手らしい捕手が多く、来季以降も混戦が予想される。

【一塁手:T-岡田】
外国人が守ることが多い一塁手。
T-岡田の守備は上手いと思うが、外国人選手との兼ね合いで外野を守る可能性もあり連続受賞できるかどうかは起用法次第か?

【二塁手:藤田一也】
広島東洋カープの菊地涼介と並び守備の名手。
バッティングが絶不調になり、スタメンを外されなければ数年は安泰か?

【三塁手:松田宣浩】
気付けば攻守ともに日本を代表する三塁手になっている松田宣浩。
ライバルの千葉ロッテマリーンズ今江敏晃と今後数年はゴールデングラブ賞を分け合うだろう。

【遊撃手:今宮健太
若くして守備の名手。
小さい体ながら糸を引くようなスローイングが個人的に好きである。
同じ年の堂林翔太、合同自主トレでもして守備の極意を教えてもらってほしい。

【外野手:陽岱鋼、糸井嘉男、柳田悠岐】
セ・リーグと比較してスケールが大きいというか、守備だけでもお金が取れる選手が多い印象。
守備の名手である千葉ロッテマリーンズ岡田幸文や若手成長株のオリックスバファローズ駿太もおり、来年以降、誰が受賞するか楽しみだ。

 

ゴールデングラブ賞を見ても、セリーグよりもパリーグの方が世代交代が上手く進んでいるのかなと感じる。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です