カープ歴代新人王一覧!背番号6、14、16に関連する選手が多い!

大瀬良大地の新人王ネタ、まだ続きます。

調べていると書きたいことがあれやこれやと出てくるのです。

背番号と縁があるカープ歴代新人王

昨日は、大瀬良大地と背番号14で新人王を獲得した先輩との比較をしてみた。

カープ歴代新人王の背番号を観察すると、#6、14、16の選手が多いことに気付く。

名前 ポジション 背番号
1982 津田恒実 投手 15⇒14
1984 小早川毅彦  内野手 6
1985 川端順 投手 13⇒33
1986 長冨浩志 投手 16
1995 山内泰幸 投手 16
1997 澤崎俊和 投手 14
2006 梵英心 内野手 6
2012 野村祐輔 投手 19
2014 大瀬良大地 投手 14
2020 森下暢仁 投手 18

*2020年12月17日改定

津田恒美はルーキーの時に背番号15で、川端順は2年目のシーズンに背番号33で新人王を獲得している。

カープの歴代新人王を見ていると特徴があるようだ。

◆野手は新人王は背番号6
◆投手は14,16に関する選手が多い
◆川端順もルーキー時代は背番号13であったように、若い背番号をもらった即戦力ルーキーが新人王を獲得する。

たまたま偶然だと思う。

現在のカープは背番号6:安部友裕、14:大瀬良大地、16:今村猛が使用している。

当分空き番にならない番号だ。

私が見つけたカープ新人王の共通項に従っていると、なかなか新人王も出ないので、そろそろ打破しないといけない。

打破するには、まだ新人王が輩出していない外野手、そして川端順の背番号33より番号が大きい選手、これに当てはまるのはドラフト1位ルーキー野間峻祥だ!!

1980年代のカープ黄金期には新人王が続出していた。

大瀬良大地の新人王獲得は、2012年の野村祐輔に続き、はカープの第2期黄金期の始まりを意味すると予感する。

若い力でチームの土台を強固なものにしていってもらいたい。

関連記事:
    None Found


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください