昔のカープキャッチフレーズは監督の強い意志や目標を感じる

昨日、カープの歴代キャッチフレーズを紹介した。

近年は造語となっているのが多いが、過去のキャッチフレーズを見ると監督の意向が強く出ているように感じて興味深い。

監督とキャッチフレーズの関係性

キャッチフレーズが定着した1973年以降、英語のキャッチフレーズが多かったが、2012年頃から漢字が主流になりつつある。

勝手な推測だが、マーティ・レオ・ブラランが退任して以降、監督ではなく球団側がキャッチフレーズを決定しているように思う。

そのマーティ・レオ・ブラウン、在任中は毎年「ALL-IN」のフレーズを使っていた。

全員野球的な意味があると思うが、「疲れ切った」という意味もあり、死力を尽くせということだろう。

三村敏之も「TOTAL BASEBALL」というフレーズをほぼ毎年使っていた。

野球は総合力のスポーツだが、三村敏之を尊敬している緒方孝市も、走攻守全ての総合力で挑むはずだ。

 

また、流行的なものもあるのかなと思う。

古葉竹識監督時代、日本一になった1980年は「3S BASEBALL (SUSPENCE SPEED START)」であり、その翌年は「3A BASEBALL (ACTIVE ACTION APPEAL)」。

後任の 阿南準郎は優勝した翌年に、「3C (COMMUNICATION COMBINATION CONCENTRATION)」とキャッチフレーズを付けている。

このように優勝した年の傾向を引き継ぐものもあれば、第2次山本浩二政権下の2004年位は、「WILL TO VICTORY」としているが、これはカープが最後に優勝した第1次山本浩二政権下の1991年と全く同じもの。

キャッチフレーズにも縁起を担いたのだろう。

 

最も面白いといっては失礼だが、興味深いのは達川晃豊(監督時代の表記)。

監督に就任した1999年にはアメリカ大統領バラク・オバマより10年も前に「YES, WE CAN」をキャッチフレーズにしている。

翌2000年には「START FROM ZERO ZERO」としているが、これは1983年の「START FROM ZERO」の強調系?

何とも達川晃豊らしい。

 

近年のキャッチフレーズは狙った感のある造語が多いが、監督の考えや目指す野球の色を出しても良いのではないかと思う。

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です