會澤翼背番号27に変更で知るカープキャッチャー番号40の流れ

来シーズン背番号が変更になる選手が発表された。

久本祐一:65 ⇒ 120
岩見優輝:28 ⇒ 46
會澤翼:64 ⇒ 27
松山竜平:37 ⇒ 44

キャッチャー番号で飛躍せよ、會澤翼

今回の背番号変更で一番納得するのは會澤翼の背番号27。

背番号27と言えば、日本球界ではキャッチャーの代名詞となっている。

読売ジャイアンツV9時代の森祇晶が付けており元祖と言われてるが、巨人創成期の名捕手:吉原正喜が27で森祇晶はその番号を継いだと言われている。

その後、西武ライオンズ伊東勤、ヤクルトスワローズ古田敦也が27を背負い、27はキャッチャーの背番号として定着した。

現在でも、中日ドラゴンズ兼任監督の谷繁元信、福岡ソフトバンクホークス細川亨、埼玉西武ライオンズ炭谷銀仁朗など、各チーム正捕手が付けるケースが多い。

會澤翼も27を付けることの意味・意義を把握しているはずだ。

読売ジャイアンツの阿部 慎之助がファーストへのコンバートが決まっており、「打てる捕手」としての筆頭になれる可能性もある。

 

カープ背番号40の妙

捕手の背番号は27の他、2、8、10、22と言ったイメージが強い。

ただし、これらの背番号はカープの場合には当てはまらない。

カープの場合、背番号40がキャッチャーのイメージが強い。

倉義和や達川光男のイメージだが調べてみると確かにキャッチャーが多いが、高橋慶彦も入団時が40とは知らなかった。

名前 ポジション
1954-1956 山本通夫 外野手
1957-1958 菊地武和 投手
1959-1960 大羽 進 投手
1961 宣山 明 捕手
1962-1966 久保祥次 捕手
1967-1974 東山親雄 捕手
1975-1977 高橋慶彦 内野手
1978-1992 達川光男 捕手
1993-1996 吉本 亮 捕手
1996 入来 智 投手
1997 吉本 亮 捕手
1998- 倉 義和 捕手

高橋慶彦はカープで唯一背番号40を背負った内野手。

そして高橋慶彦の次に40を背負ったのが不仲!?で知られる達川光男。

妙な因縁を感じてしまった。

 

プロ野球の背番号を調べるととても興味深い。

来シーズンからは松山竜平も44へ変更するだが、この理由は謎だ。

本人の希望なのか?それとも球団の意向なのか?

迎祐一郎の引退で空き番となった44、実はドラフト1ルーキーの野間峻祥が付けるだろうと予想していた。

こうなると

野間峻祥の背番号が気になるところだが、いきなり1を背負うことはないだろう。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください