2014年12球団先発投手起用人数の比較…先発投手の安定性比較

近代プロ野球では、先発投手は中6日が一般的である。

中5日を中心とするケースもあるが、各球団5~6人の先発投手を必要となる。

2014年の先発投手起用人数比較

開幕時に決めた先発ローテーションで1年乗り切れることはほとんどない。

メジャーリーグでは、2013年のマリナーズが達成したことがあるが、1年通して起用した先発投手数が少ない方が、先発投手・先発ローテーションが安定していたと言える。

セ・リーグ 先発投手
起用人数
24試合以上
先発した投手
パ・リーグ 先発投手
起用人数
24試合以上
先発した投手
読売 13人 杉内俊哉26 ソフトバンク 14人 スタンリッジ26
中田賢一25
阪神 12人 メッセンジャー31
能見篤史26
藤浪晋太郎 25
オリックス 12人 金子千尋26
ディクソン26
西勇輝24
広島 10人 前田健太27
大瀬良大地26
日本ハム 10人 メンドーサ26
大谷翔平24
中日 16人 山井大介27
大野雄大25
ロッテ 10人 涌井秀章26
石川歩25
DeNA 13人 久保康友28
井納翔一25
モスコーソ24
西武 13人 牧田和久26
ヤクルト 16人 石川雅規27
ナーブソン24
楽天  14人 則本昂大28
辛島航25

24試合以上先発した投手を掲載したのは、144試合制で6人のローテーションとすれば、1年間ローテーションを守れば24試合には登板するはずなので。

先発投手起用人数にはシーズン終盤の若手起用も含まれるので、単純には比較できないかもしれない。

数字だけをみれば、セ・パ共に3位だった広島と日本ハムが10人と最少で安定していた?

あまりチーム順位と先発投手起用数には相関がなさそうだ。

逆に考えれば、先発投手よりもセットアッパー・ストッパーの比重がそれだけ高いということだろう。

 

2015年のカープ、前田健太、黒田博樹、大瀬良大地、クリス・ジョンソン、野村祐輔、福井優也、九里亜蓮、戸田隆矢・・・

何人の投手が先発として起用されるだろうか?

 

関連記事:

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください