2014広島東洋カープ終焉!菊丸で打てなければ仕方なし!!

2014クライマックスシリーズ、阪神タイガースとの戦いで1点も取れずに敗戦。

今季の戦いが終了したと共に、5年間に及んだ野村謙二郎政権も終わりとなった。

 

前田健太と菊丸コンビで負けたなら仕方ない

阪神タイガースとのクライマックスシリーズは1戦目0-1、2戦目0-0となり、3戦目を迎える前に終戦が決定した。

1戦目は中4日で登板した前田健太で負けた。

そして2戦を通じて菊池涼介は1安打、丸佳浩は無安打。

結局2試合で1点も取れなかったが、打線の中心である2人が打てなかったので仕方ない。

今のカープは投手:前田健太、野手:菊丸コンビが中心。

彼らで負けたなら仕方ないと同時に、3人は強く責任を感じていることだろう。

今後の糧にして更にチームを引っ張っていってもらいたい。

 

ただし、前田健太に関しては今年の個人成績、チーム成績からして未だメジャーに挑戦してほしくない。

忘れ物がある、それも大きな忘れ物。

かつてのエース黒田博樹や同学年の田中将大のようにファンからエールを送られて海を渡れることはないだろう。

 

ありがとう野村謙二郎

クライマックスシリーズの試合を見ていて、カープ野球はやはり守備から入る、そして機動力で搔き回すことだと再認識できた。

クライマックスシリーズでホームを踏む事ができなかったが、カープ野球を最後の最後まで成し遂げようとしていたと感じる。

そして、そのカープ野球を継承できる多くの人材が育ってきた。

投手も野手も若い選手が多く育ってきたし、外国人もチームに溶け込んでくれている。

今日の打順でも菊丸コンビを中心とした日本人選手だけでなく、エルドレッドやロサリオは野村謙二郎でなければ、今ごろカープにはいなかったかもしれない人材。

采配面だけでなく教育面も含めて、もう1~2年見たかった気もするが、多くの宝物をチームに残してくれた事に感謝したい。

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください