柳田悠岐、中田翔、大田泰示、カープは広島出身選手と相性悪い?

2014年9月17日(水)対読売ジャイアンツ@マツダスタジアム。

4度もリードを奪うも最後は大田泰示に逆転ホームランを打たれた。

逆転優勝が遠のく敗戦で首位ジャイアンツとのゲーム差は6。

大田泰示の通算ホームラン3本のうち2本はマツダスタジアム

この決勝ホームラン、大田泰示にとっては2年ぶりプロ通算3本目のホームラン。

プロ入り初ホームランは東京ドームでのヤクルト戦だが、2本目、3本目とマツダスタジアムで。

通算3本のうち2本をマツダスタジアムで放つとは、広島県福山市出身の大田泰示、広島の水が合うのか!?

*2015年追記:2015年の本塁打は1本だが、その1本は東京ドームでのカープ戦。
対カープの打率も高くなってきた。

太田泰示のカープ戦、マツダスタジアムの成績を調べてみた。

大田
泰示
対カープ総合 マツダズームズームスタジアム






















2012年 11 10 2 .200 1 1 1 5 0 11 10 2 .200 1 1 1 5 0
2013年 11 9 1 .111 0 0 0 3 1 11 9 1 .111 0 0 0 3 1
2014年 4 4 1 .250 1 2 0 2 0 4 4 1 .250 1 2 0 2 0
2015年 29 27 9 .333 1 1 2 2 0 15 15 5 .333 0 0 0 1 0
通算 55 50 13 .260 2 3 1 10 1 41 38 9 .237 2 3 1 11 1

マツダスタジアムで打っている印象があるが、実は東京ドームでのカープ戦には出場経験なし。

これは原辰徳の戦略か!?

 

柳田悠岐、中田翔のカープ男子コンビもカープ戦が大好き

広島出身のスラッガーと言えば、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐と北海道日本ハムファイターズの中田翔がいる。

共に幼少期はカープを追いかけていたらしい。

特に柳田悠岐のカープ好きはとても有名である。

この2人についても、カープ戦の成績について調べてみた。

上が柳田悠岐、下が中田翔。

3割以上と本塁打、盗塁については赤字にしてみた。

柳田
悠岐
対カープ総合 マツダズームズームスタジアム






















2013年 11 11 4 .364 1 5 0 6 0 2 2 0 .000 0 0 0 2 0
2014年 18 17 10 .588 0 5 1 1 3 11 10 5 .500 0 3 1 1 0
2015年 12 9 5 .444 0 1 3 1 2 ゲームなし
2016年 12 10 5 .500 1 2 2 2 0 12 10 5 .500 1 2 2 2 0
通算 53 47 24 .511 2 13 6 10 5 25 22 10 .455 1 5 3 5 0

柳田悠岐は昨年、レギュラーを取れるかどうかという時期だったが、 今年からはチームの顔にもなりつつある存在。

凄味が増しているが、カープ戦では更に凄味が増す。

マツダスタジアムよりヤフオクドームの方が打っている・・・と思わないとやってられないレベルである。

中田
対カープ総合 マツダズームズームスタジアム






















2009年 2 2 0 .000 0 0 0 1 0 1 1 0 .000 0 0 0 0 0
2011年 17 16 5 .313 2 5 1 5 0 9 9 5 .556 2 5 0 1 0
2012年 17 15 1 .067 0 2 1 5 0 9 9 1 .111 0 1 0 1 0
2013年 18 15 8 .533 3 6 3 4 0 10 8 4 .500 2 4 2 3 0
2014年 16 15 6 .400 1 8 1 1 0 8 8 2 .250 0 2 0 1 0
2015年 12 12 4 .333 0 3 0 2 0 12 12 4 .333 0 3 0 2 0
2016年 12 12 2 .167 0 0 0 3 1 ゲームなし
通算 94 85 26 .306. 6 24 6 21 1 49 47 16 .340 4 15 2 8 0

中田翔はマツダスタジアムで計4本塁打。

交流戦でしか対戦がないが、マツダスタジアムの試合数は毎年2試合なので、レギュラーになった2011年からだと計8試合。

2試合で1本のペースである。

2011、2013年と奇数年に2本ずつ打っているので、来年は恐い。

(*2015年は0本塁打)

 

広島出身の柳田悠岐、中田翔、地元愛があればFA獲得!?

その頃に球団が獲得に動くかどうかわからないが、宣言したら反応するのだろうか?

特に柳田悠岐のカープ愛は並々ならぬものがあるはずだ。

そして、ドラフト戦略として地元戦略を少し高めてもいいかもしれない。

 

最後に・・・頑張れ岩本貴裕!!

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK

Facebook にシェア
LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]

「柳田悠岐、中田翔、大田泰示、カープは広島出身選手と相性悪い?」への2件のフィードバック

  1. まるぞうさんへ 広島出身が,全員カープが、好きとは、
    限らないし 逆によそに行った方が,雑音も入らないし
    伸び伸びできる 可能性が、あるのもひとつだと思います
    本日引退した阪神福原選手も広島出身で巨人二岡さんと
    同級生のことを,思い出しました.
    中田翔と柳田は,いいと思うけど 大田泰示どうでもいい感じ

    1. siさん

      おっしゃる通り、地元選手だけで球団が出来ている訳ではありませんしね。
      引退した阪神福原選手は広陵高校、阪神タイガースには何故か広陵出身の選手が多いです。
      新井良太、上本、俊介・・・
      日本全国からカープに合った良い選手を獲ってくる、そして育てるというのがカープのスタイルだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください