エルドレッドがスタメン落ち、カープで4番を張れるのは?

8月絶不調に陥ったエルドレッドが遂にスタメンを外れた。

リフレッシュの意味が大きいと思うが、カープで4番を張れるバッターについて考えてみた。

 

外国人or実績組or若手起爆剤

エルドレッドがベンチスタートとなり、4番に入ったのはキラ・カアイフエ。

今シーズンの開幕は4番キラでスタートしている。

それだけ力のある選手。

しかし、不調により開幕6試合目からエルドレッドに4番の座を明け渡した。

エルドレッドが不調となれば4番に入る一番手はキラになるであろう。

そして今は2軍にいるライネル・ロサリオ、パワーある外国人が4番にいると相手からも脅威であるはずだ。

 

とは言え4番は日本人にドンと座っていてほしい。

外国人は契約の問題や外国人枠の関係も絡んでくる。

カープ日本人で4番を打てる選手は誰かと考えると、先ずは今シーズン4番を打った事がある2人、松山竜平と岩本貴裕。

パワーもあるので期待したいが、松山竜平はケガ、岩本貴裕は不調の為に現在1軍にいない。

しかし岩本貴裕は2軍降格後、ウェスタンで14打数5安打、2本塁打、4打点と活躍中。

昇格を待つと共に、1軍にいたら、と思ってしまう。

そして実績組で忘れてはいけないのが栗原健太。

早く戻って来い!!

 

更に思い切った手として、若手を4番に据えるのも良いだろう。

オリックスでは糸井嘉男が4番を務めているが、似たタイプの丸佳浩の4番起用。

周りの打線との絡み・繋がりを考えなければいけないが、3番菊池涼介、4番丸佳浩も面白いと思う。

そして起爆剤的な起用としては堂林翔太や會澤翼。

堂林翔太はまだまだ粗さがあり、會澤翼はキャッチャーであることを考えると4番起用は難しい部分がある。

だが、起爆剤的な起用として博打を仕掛けても良いと思う。

 

4番が不調のこの状況、ベンチワークと選手全員の奮起で盛り返していくしかない。

 

関連記事:
    None Found

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください