2年ぶりの勝ち投手福井優也、ローテ入りへ大事なのは次の登板!

2014年7月27日(日)、福井優也が2年ぶりの勝ち投手、それも完投成し遂げた。

ファンが待っていたピースが埋まりそうだ。

 

2014年終盤に向けてのローテーション確立へ

誰もが待っていた福井優也の復活星。

5月の先発登板で一度は失格の烙印を押された。

この日の登板は首脳陣にとっても博打だったかもしれない。

しかし、勝てない博打ではなく勝てると信じての博打。

そして博打に勝った福井優也。

ファンの多くの期待を良い意味で裏切ってくれた。

しかし大事なのは次の登板だ。

2度3度と続けて試合を作ることで、先発投手としての信頼を勝ち取りローテーション入りを果たすことができる。

若き左腕戸田隆矢が2度続けて試合を作り信頼を勝ち取りつつある。

先発ローテーションは、前田健太、バリントン、野村祐輔、大瀬良大地に戸田隆矢が入ってきた。

残り1枚を福井優也が勝ちとれば、本人だけでなくチームにとってこれほど大きい事はない。

 

カープ投手陣に必要な事はストライクで勝負すること!!

この日の福井優也の投球は投球数124で被安打9、奪三振6、与四死球4で1失点。

福井優也と言えば、四死球で自滅するタイプだが、4四死球は及第点か?

しかし、四死球をもっと減らせば結果は付いてくるはずだ。

福井優也だけでなく、戸田隆矢や篠田純平、そして斎藤悠葵などにも言える共通点。

良いボールを持っているだけに細かいコントールではなく真ん中を狙って腕を振って投げればと思う。

この点はおそらくチームとしても課題として持っているのだろう。

戸田隆矢、福井優也と先発投手が出てきたのは、2軍投手コーチの沢崎俊和、小林幹英の指導の賜物だ。

この2人の投手コーチも戸田隆矢、福井優也の1軍での活躍を喜んでいるに違いない。

 

常勝チームを作っていくには、1軍と2軍が連携してチーム作りをする必要があるはずだ。

戸田隆矢、福井優也の変身ぶりは、カープ投手王国設立への足掛かりになりそうだ!!

 

関連記事:
    None Found

SPONSORED LINK
カープ応援チケットを抽選でプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください