2014カープ前半戦。祝戸田隆矢初勝利!先発左腕勝利は4勝のみ

カープ3年目期待のサウスポー戸田隆矢。

先発して5回4失点でプロ入り初勝利。

内容、結果とももう一つという感じだが、先ずはプロ入り初勝利、しかもカープ懸念のサウスポーに結果が出たことが収穫だ。

 

2014前半戦。サウスポーの勝ち星は先発4勝、中継ぎ1勝のみ

オールスター前の最終戦、ここでローテーションの谷間となり期待のサウスポー戸田隆矢が今シーズン2度目の先発。

ローテーションの谷間と言うが、先発投手崩壊中で谷間だらけ。

戸田隆矢にとってはビックチャンス!!

4回まで0点に抑えていたが、5回に筒香嘉智に3ランを浴びるなど4点を失い同点で降板。

しかし、その裏に打線が勝ち越しそのまま勝ち越し勝利投手に。

ピッチングについては反省すべき点が多いだろうが、先ずはプロ入り初勝利、素直に喜んで欲しい。

ファンとしてもとても嬉しい。

何しろカープはサウスポー不足なのだ。

前半戦に登板したサウスポーについてまとめてみた。

名前 登板 先発 投球回 防御率 勝利 敗戦 セーブ ホールド 奪三振 与四死球
篠田純平 9 9 45.2 4.14 3 4 0 0 24 12
戸田隆矢 8 2 18.1 2.95 1 1 0 0 15 7
フィリップス 8 0 9 4.00 1 0 0 1 5 3
久本祐一 8 0 11 0.82 0 0 0 0 10 4
河内貴哉 10 0 9.2 2.79 0 0 0 0 6 5

野村克也氏は「左で投げられるだけで戦力」と語っているが、「ストライクが入る左腕」は戦力になると思う。

戸田隆矢も昨年までの2シーズンでは、7.1イニングを投げて与四死球9。

イニング数以上の四死球を出していたが、今年はかなり改善されている。

篠田純平にとっても同様のことが言える。

相手に対するよりも、自分自身との戦いではないだろうか?

 

後半戦のサウスポー事情

前半戦最後は先発・中継ぎとも投壊気味であった。

オールスターブレークで心身ともにリフレッシュしてほしい。

一岡竜司も戻ってくるので、開幕ダッシュした時の勢いを期待したい。

懸念はやはりサウスポー。

前半戦に登板したサウスポーで、フィリップスは外国人枠の関係でフル稼働はできない。

そして安定感のある久本祐一は左肘の損傷で長期離脱。

 

先発を見れば、篠田純平、戸田隆矢のどちらかが先発ローテーションに入ること。

個人的には、勢いを買って戸田隆矢に期待したい。

篠田純平は中継ぎ・ロングリリーフ枠でいいのではないだろうか?

河内貴哉はこれまで通りワンポイント起用。

終盤のセットアッパーにサウスポーがほしいところだが、そんな裕福なことは言ってられない。

シーズン前半のように、中田廉-一岡竜司-ミコライオの右腕3人で7-9回を担ってもらうしかない。

 

カープの建さん
Amazonで購入
楽天市場で購入
Yahoo!Shoppingで購入
7netで購入

 

支配下登録されているサウスポーで今シーズン1軍登板のない投手、ファンの皆さんも「何してんだ?」と疑問を持っていることだろう。

中村恭平(7.09)、岩見優輝(6.52)、江草仁貴(5.84)、齊藤悠葵(10.29)、大島崇行(12.27)の5投手だ。

名前の後ろの()は2014年7月16日現在でのウェスタンでの防御率。

「何してんだ!!」と疑問が怒りに変わりそうだ。

今シーズン頑張らないと後の無い選手もいると思うのだが・・・

 

関連記事:

ラッキーウォーター「天上山」が『広島東洋カープ』とコラボ!!


SPONSORED LINK


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください